RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
47位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Raekwon「The Wild」
raekwon-the-wild-cover.jpg

Wu-Tang Clanの中で“The Chef”の異名を持つ男、Raekwonの通算七作目となる『The Wild』を御紹介。Wu-Tang Clanの中ではGhostface Killahに次いでソロアルバムを出しているのがRaekwonで、客演なんかが多いのもRaekwon。ここ最近はWu-Tang Clanが活動再開したり、特にWu-Tang Clanの頭脳であるRZAの活動が活発。カンフー映画『Iron Fists』を監督&主演し、サントラ盤までガッツリ制作したり。あとはJames BlakeやRauryに客演したりもして存在感を遺憾なく発揮しております。Raekwonも負けずとコンスタントにアルバムをドロップしており、前作『Fly International Luxurious Art』からおよそ二年ぶりとなる本作も、Raekwonが巨大化したようなDan Lish制作のイラストジャケットからして素晴らしい。
てな感じで前置きはいい感じになったので本題に入ろうと・・・・・・まずはXtremeが制作の「This Is What It Comes Too」でスタートなんですが、相変わらずのビリビリと空気を緊迫させる鋼鉄ビート使いの中で、まるで刃物を研ぐように、鋭利な金切り音みたくRaekwonのラップが飛び交うのがもう最高なんです(痺)。The Vibrettes「Humpty Dump」をサンプリングした「Nothing」はFrank Gが制作を担当、ソウルヴォーカルを鉄槌ビートで叩いてぺしゃんこに伸ばしたようなループに、ひらひらと舞って刺すRaekwonのでっぷりとした毒蜂みたいなラップがブンブンと飛び込みます。同じくFrank Gが制作を担当した「Marvin」はタイトルそのままMarvin Gaye使いかと思いきや、Banks & Hampton「Passion and Promises」とJackie Jackson「Is It Him or Me」をダブルネタ使い。雨が煙るようなしとやかな音色が立ち込める湿っぽいダークメロウに、Raekwonの柔らかながらも剛力なラップがバキバキと空気をへし降り、その空気の破片を客演のCee Lo Greenが鳳凰ヴォーカルで震わせ潤ませるという見事な演出です(鳥肌)。ソウルレコードをそのまま生搾りしたような果汁が甘酸っぱい、好ミッド「Can't You See」はRoadsArt制作もネタ元が分からず。こういう完熟甘味のあるソウルフルトラックはWu-Tang Clan面々の十八番ですし、Raekwonの胡椒の効いたラップもいいアクセントになって涙腺を刺激するナイス一曲。 G Sparkzが制作の「My Corner」では客演にLil Wayneが参加、漏電したように光を震わせ輝くトラックが歪な曲線を描くのが美しく、だからこそ変幻自在にチロチロと舌を出す様なLil Wayneのラップが映える策士曲。あのDame Greaseが制作を担当した「M&N」は、いかにもDame Greaseらしいオルガン鍵盤が不穏に響く荘厳なシリアス曲で、そんな漆黒の闇の中で暗殺術の使い手であるRaekwonがP.U.R.E.(このMCが負けず劣らずカッコイイ)を従えて、的確に斬撃ラップを繰り出すのが最高にイル。Mally the MartianとDan the Bandが共同制作した「Visiting Hour」ではMelvin Bliss「Synthetic Substitution」をサンプリングし、客演にはあのAndra Dayが参加というスルー厳禁な一曲。空気をも斬ってしまうようなRaekwonの美しき斬撃ラップに、それによって散って舞う花びらのように響くメロディとAndra Dayのヴォーカルで、綺麗にモノクロ(Raekwon)とカラー(Andra Day)が混じり切り立った芸術作品に昇華されているのです(溜息)。Mark Henry制作の「The Reign」もやはり燻し銀なソウル妙味なトラックながらもネタ元不明、ソウルフルなトラックを発酵させて甘味を増させたようなトロミのあるトラックと、気持ち良いぐらいにシンプルなドラムブレイクだけで聴かせるRaekwonの斬鉄拳ラップが最高。The Montclairs「Dreaming's Out of Season」をバッチリと早回しサンプリングした「Crown Of Thorns」はJ. Dotが制作、様々なブレイクが花火のように打ち上がり夜空に舞い散るような壮麗さが秀逸で、その後に香る火薬の匂いにも似たRaekwonのラップに情緒を感じるのです(風物詩)。「Purple Brick Road」はなんとJ.U.S.T.I.C.E. Leagueが制作で、客演にはG-Eazyが参加して夜風のようにしっとりと揺れるトラックを艶っぽく演出していてグッド。最後はRoadsArt制作の「You Hear Me」で幕切れ、これは止まない氷雨のように淡々と鼓膜を打つRaekwonの刺す様なラップに身を委ねるだけ。

ここ最近のRaekwon作品に比べるかなり客演が少なめで、だからこそ良い意味でとてもスリムで聴き易さ抜群。毎回と書いてしまうのですが、これでRZA制作曲が一曲でもあったらば最高なんだけど(我儘)。もはやRaekwonのアルバムに説明は不要、ただただこの味わいある錆声に(だけれども聴き手の鼓膜をスパッと斬り捨てる)聴き入るばかりです。やっぱり90年代を生きた三十路の僕としては、Wu-Tang Clanの面々は無条件に贔屓にしてしまいます(笑)。








スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment