RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
39位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Rick Ross「Rather You Than Me」
rickrossrather.jpg

元看守という異色の過去を持つも圧倒的支持を集めるボス、Rick Rossの通算九作目となる『Rather You Than Me』を御紹介。その巨漢がトレードマークだったRick Rossも現在は34kgも体重を減らし、すっきりとした体躯になってちょっと寂しい感じもします(笑)。しかしその存在感は全く痩せることなくどんどんと巨大化、アルバムに関しても年イチぐらいのペースでリリースを続け、本作も前作『Black Market』からたったの一年でのリリース、本当にハスラーで御座います。自身のレーベルであるMMGを率い、その所属MC達もバッチリ活躍させているあたりもすごいですね。
それでは中身はどんな感じなのかを僕の拙い文章で・・・・・・まずはChad Nineが制作を担当した「Apple Of My Eye」でスタート、客演にあのRaphael Saadiqが参加しているというだけで高得点必至。Rick Rossにとっては十八番なしっとりと濡れた雨上がりの夜空のようなトラックが高貴で、そこにベロア生地のように柔らかく厚みのあり滑らかなRick Rossのラップと、Raphael Saadiqのシャンパンゴールドのようにライトな輝きと刺激を鼓膜に与える酸味ヴォーカルがたまりません(失神)。「Santorini Greece」はなんとあのB!nkが制作を担当し、サンプリングにはJudy Bailey Quartet「Colours Of My Dream」をべったりとサンプリング。B!nk手製らしい凝縮ソウルフルなトラックは飴細工のようにねっとりと絡む金色ホーンが艶かしく、そこに黒塗りビカビカに輝く高級車マイバッハのごとく、のっそりと美しく気品を纏って抜けてゆくのがカッコイイ(痺)。Black Metaphor制作の「Idols Become Rivals」ではChris Rockが冒頭に客演参加、サンプリングにはもはや鉄板ネタのCamilo Sesto「Agua De Dos Rios」を使用。原曲の持つあの氷雨のように静かにそぼ降る音色が鼓膜を冷やし、角張った氷のようなRick Rossのラップが妖しい光を反射させるアイシーな一曲でクール。Yung Coke制作の「Trap Trap Trap」ではYoung ThugとWaleを客演に配置、タイトルまんまにボトボトとビートを垂れ流すトラップチューンに、のそのそ闊歩するように乗るグリズリーみたいなRick Ross、千鳥足寸前で軽妙にリズムを刻むYoung Thug、軽々とビートを飛び越える強靭なWaleと三つ巴でカッコイイ。Beat Billionaire制作の「Dead Presidents」ではFutureにYoung Jeezy、Yo Gottiともう胃もたれ確実な脂っこいメンツが揃い踏み。トラックは鉄鋼チックなゴチゴチハードなもので鉄の苦味しかしないのが美味、そこにもう蜃気楼のようなFutureや金切り音のようなJeezy、怪力でこじ開けるYo Gottiとおしくら饅頭状態で凄まじい(汗)。ブルンブルンの肉弾ビートで弾みながら破壊する強烈アッパーチューン「She On My Dick」はBeat Billionaireが制作、このギラギラと凶悪バウンスを振り回すトラックに客演がGucci Maneというのはもうカッチリ合致、共に体型はスリムになりながらも吠えるように獰猛な猛獣ラップで重くのしかかります(快感)。C Gutta制作(Co制作にJ Pilot)の「I Think She Like Me」ではTy Dolla $ignが客演参加、The Stylistics「People Make The World Go Around」をネタ使いしたトラックはやはり深紅のヴェルヴェットのような華やかさと滑らかさで壮麗だし、そこに転がるRick Rossのモフモフした毛皮のようなラップも上品、そして極め付けはTy Dolla $ignのブランデーのように芳醇な酔いが回るという美しさ。Sap制作の「Powers That Be」ではNasが客演参加しており、ちょっぴりナンプラーで炒めたようなオリエンタルな香味トラックに、両者のバキバキと角張って正統派なラップが風穴を開ける硬派チューン。またもやB!nkが制作の「Game Ain't Based On Sympathy」はThe Lotus Sound「Thelicia」をサンプリング、もう兎にも角にもラグジュアリーでふわっと香る高級パルファムのようなトラック、Rick Rossの甘く深みのあるラップが鼓膜をくすぐるのがもう快感。続く「Scientology」もB!nkが制作を担当しており、夏の夜にスーッと上がる花火を逆再生するような光の収縮がなんとも美しいミッドチューン(最高)。StreetrunnerとTarik Azzouzが共同制作の「Lamborghini Doors」では、客演にMeek MillとAnthony Hamiltonを準備するという徹底ぶりで、これはもうAnthony Hamltonの茶カテキンのような渋くも甘いヴォーカルがすべてを抱いて淡く昇華させてしまう良曲。The OlympicksとAnalogicが共同制作の「Triple Platinum」ではMMGの伏兵Scrillaが客演参加、なかなか良いんです。僕的にしれっと好みなのがDej Loafが客演参加したシリーズ曲第五弾「Maybach Music V」、制作はBuda Da FutureとGrandz Muzik、Beat Butchaが共同で担当。夕立のような熱と潤いが混じって輝くようなトラックがすごく幻想的で、だからこそ重厚Rick Rossにコケティシュでメロウでいて跳ねるDej Loafのラップが重なるのが単純で綺麗。最後はまたもやYo Gottiを客演に迎えた「Summer Seventeen」、Beat Billionaire制作の回転乱打ビートのトラックが攻撃力抜群で最後に撃ち抜かれます。

やはり僕的には、大好きなProducerであるB!nkが三曲参加しているのが大きなトピック(興奮)。やはり重厚ソウルフルなトラックを上品に仕立てるのはお手の物で、これはRick Rossでしか出来ない芸当。誰だったかRick Rossを“現代のBiggie”みたく評した言葉があって、それもなんとなく理解できてしまう存在感かなと。Rick Rossはいつも当然のように高水準のアルバムをしれっと送り続けるものだから、僕もいつも評価しないまま(さも当然という傲慢が働いて)で年間Top10から外れてしまうんですが、こうして落ち着いて聴くと凄まじい重厚感で恐ろしく素晴らしいです(畏怖)。








スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment