RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
22位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 1  Trackback: 0

Syd「Fin」
syd-fin-cover.jpg

The Internetのシンガー、Syd Tha Kydの記念すべきソロデビューアルバム『Fin』を御紹介。個性派揃いのOFWGKTAから男女デュオとしてデビューし、瞬く間にR&B愛好家にその魅力が伝染したのがThe Internet。これまでに発表した『Purple Naled Ladies』『Feel Good』『Ego Death』と軒並み高評価を得ていたThe Internetですが、ここにきてフロントマン(ウーマン)であるSyd Tha Kydが待望のソロデビューを果たしました。Syd Tha Kydが正式だと思うのですが、このソロ作ではSydとのみ名乗っている様です。
それでは簡素で質素な感想にはなりますが書きましょう・・・・・・まずはHitboyが制作を担当したメタリックな板金シンセが続々と折り重なりツヤツヤと輝く「Shake Em Off」でスタート、この板金加工な硬度高めのトラックにあって、Sydのコケティッシュな絹糸ばりに細くしなやかなヴォーカルが刺繍を施すのが歪で美しい。Nick Greenが制作の「Know」は昔のAaliyahを思い出さずにいられない(つまりTimblanadサウンドを思い出さずにいられない)刺刺とした通電チキチキビートが最高にクールで、Sydのシフォンみたく透けてひらひら揺らめくヴォーカルも幻想的でいて艶かしい。「No Complaints」はSydが制作を担当したアジアンな音色がはらはらと捲れるトラックに、Sydの曇ったエフェクトの施されたヴォーカルが陰気にも美しく溶けていきます。同じくSydが制作を担当した「Nothin To Somethin」は、乾いたキメ細かな白砂のようなSydのヴォーカルが、液体チックな潤い音色と潤いビートをゴクゴクと飲み干すようなポーションミッドで刺激的で美しい。夜霧のように冷たくしっとりと辺りを薄暗く支配する、ちょっぴりトラップっぽいトラックの「All About Me」はSteve Lacyが制作を担当しており、Sydの夜の帳みたいなヴォーカルがひっそりと忍び寄るのもミステリアスでクール。チタチタと叩くドラムスがまるで汗ばんだグラスの水滴みたいに滴る、Syd制作の「Smile More」も速度を落としてドロリとさせつつも、Sydの透明感のあるヴォーカルで深い水中へと沈む密閉感とシンクロしていてグッド。HazebangaとIsiah Salazarが共同制作した「Got Her Own」も、月も星も光っていない真っ暗な夜を踏みしめるようなトラックに、ふわふわと霧散して鼓膜を支配するミスト状のSydのヴォーカルが妖艶でいて不思議でツボ(中毒性)。「Drown In It」はAnthony KilhofferとJGrammが共同制作、ここでのSydのヴォーカルは、夏の真夜中に水を溜めた洗面台にそっと顔を沈めるような、そんな暗闇と清冽が混じり合うウェットチューン。本作中でも最も素晴らしいと感じたのが、Melo-Xが制作を担当した銀河系エロスロウジャム「Body」(極上)。いかにもMelo-Xらしい宵の明星を点々と繋ぐような芸術的静寂と、そこにあの華奢なSydのヴォーカルが柔らかな肉感としなやかさを生み出し、微熱を漏らしながら絡まる官能的な緩やかな曲線抑揚がたまらない(痙攣)。弾力もあり静かなる狂気も密かに感じるOdd Future印な「Dollar Bills」はFlipとSteve Lacyが共同制作(客演にはSteve Lacy参加)、こういう肉食なトラックでもSydのヴォーカルが響けば途端に生ハムサラダのようにあっさりと美味くなる。再びHazebangaが制作を担当した「Over」では新進気鋭の6lackが客演参加、黒瑪瑙ソリッドなビートが硬質な輝きをちらつかせ、客演の6lackと共にしとしと降る雨のようにビートを濡らし黒く染めてゆくのがウェットで美しい。最後を飾るのはRahkiが制作したアンティーク調でおしゃれなミッド「Insecurities」で、コーラスを重ねた光のミルフィーユチューンで中盤のギラギラした転調もグッドですし、こういう淡い明度のSydのヴォーカルは稀な気がするけれどさらりと木綿の白シャツみたくとても素敵。

The InternetでやっていたR&Bサウンドとは違う、Syd Tha Kydソロとしての世界観がきっちり提示されていて凄い。これまでのSydといえば朧げで幻影のようなヴォーカルだったのが、本作では輪郭も綺麗に生身となり、実態を伴い触れてきたような感触がしてより艶かしく美しい(個人的見解)。失礼を承知で毎度と触れてしまいますが、このヴォーカルとルックスの乖離さえなければもっと好きになれるのに、と。買うだけ買ってあまり聴いていなかったんですが、結構気に入ってしまってこれも夜にリピートが続いております。







スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

毎度お邪魔しまーす。

ワイルド・スピードのサントラの記事にももう一回コメントしたのですが、僕のタイミングが悪くて読んでもらえてなくて………。

管理人さんが好きかどうかはわかりませんが、とりあえずこのブログを読んだ印象と僕の好き勝手でお勧めのラッパーを選びました。とりあえず今日は二人。

TIGO B…ノースキャロライナのラッパー。LAPHELLEというプロデューサーを中心に作られたサンプリング多めの涼しげで落ち着いたトラックに、今風じゃないオーソドックスなラップを乗せる人。全作デジタルのみのリリースだと思いますが、iTunesなどで買えます。『THE PRELUDE EP』は、管理人さんのお気に入り間違いなしの名作です。

LIL REESE…CHIEF KEEFのあの大ヒット曲にお呼ばれしてたラッパー。トラックは808MAFIAあたりを起用したお察しな感じですが、DJ LやCASHMONEY APら他の(恐らくシカゴの)新進プロデューサー達も面白いビートを提供していて、高い声でトラックに埋没しないラップを聴かせてくれます。『SUPA SAVAGE II』以降は特に素晴らしいです。iTunesでお得なアルバム2枚組セットとかもあるんで、ぜひ。

Leave a Comment