RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
35位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Run The Jewels「Run The Jewels 3」
image.jpg

Killer MikeとEl-Pが組んだ超強力デュオ、Run The Jewelsの通算三作目となる『Run The Jewels 3』を御紹介。Killer Mikeに関してはもうかなりのベテランで、あのOutKastの一派として活躍していたMCです。それこそ僕はOutKast作品でKiller Mikeを知りましたし、その後のKiller Mikeの1st『Monster』を聴いたぐらい。あとはJay-Zとの共演曲「Poppin' Tags」なんだけれど、その時でさえBig Boiのバーターぐらいの認知でございました(陳謝)。しかしその後、あのKiller MikeがEl-Pと組んでここまでの大躍進を遂げるとは、結構誰も想像はしていなかったんじゃないでしょうか(憶測)。そのRun The Jewelsも驚くほどの人気でもう早くも三作目、前作『Run The Jewels 2』からも約二年でのリリースなので精力的ですね。このジャケットで次はどんな仕上がりになるのかも楽しみ(今作では拳がチェーンを握っていない)、なかなか策士で御座います。
それではざっくりとご無沙汰ながら感想を書き連ねたいと思います・・・・・・まず制作に関しては例に漏れずEl-Pがきちんと担当しており、だからこそのクオリティで安定しております。まずはKiller Mikeと同じくDungeon Family出身のJoiが客演参加した「Down」でスタート、ドムドムと津波を起こすように飲み込んで吐き出すビートの中で、肉弾的なRun The Jewels(以降はRTJと省略)のラップとコケティッシュでいて魔術みたいなJoiのヴォーカルが渦巻くのがナイスシンクロ。ソウルフルでロックなトラックに有刺鉄線を張ってザクザクと殺傷能力を高くして突っ込む刺々しいアッパー「Talk To Me」、両者のラップは鈍器のような重たさのくせして、鋭く空を裂くような軽やかさがあってやはりガツンとくる。いい意味で瓦礫チックにガラガラと破片が転がるようなトラックがオールドスタイルなブレイクをかます「Legend Has It」は、サンプリングにGentle Giant「Knots」を使用しており、バツバツと切れる電線のような危なっかしいトラックが鉄球のようなRTJと合致。「Call Ticktron」はビリビリと放電するメロディやカットを、両者のパワー溢れる重量級なラップがドカドカと踏み潰すのが痛快で、聴いているだけでザクザクと鼓膜に大きな風穴を開けられるのが痙攣してしまう感触に酔うばかり。油塗れのビートとメロディをドバドバと辺りに排水するようなドロドロな水浸し感がダートでイルな「Hey Kids (Bumaye)」、これは終盤に登場する客演のDanny Brownが全部掻っ攫っていくほどの痛快さで、Danny Brownらしい夢魔のような暴れっぷりが狂っていて面白すぎる(発狂)。カキンカキンと金鉱を採掘するような硬い輝きトラックが荒削りに角張って煌めく「Stay Gold」も、やはり金剛のように硬くぶん回すRTJの重量級ラップが滑らかに輝きながら脳天を吹っ飛ばすのが本当に気持ち良いばかり。ブォーブォーンとまるでスターセイバーを振り回すようなシンセが怪しく響く闇裂き曲「Don't Get Captured」は、そんな暗闇の中で相手を睨めつけて目を輝かせてのそのそ徘徊する夜行性の猛獣のようなRTJのラップが、ヒリヒリと恐ろしく尖っていてカッコイイ。「Thieves! (Screamed The Ghost)」では客演にTunde Adibempeが参加(ソングライトにはBoots、PianoにはDangermouseが参加)しており、なんだか密教めいたべったりと張り付く湿気サウンドが陰気でダーク、しかしRTJはこの中でもメラメラと静かに燃えるラップでジリジリ迫り、最後にはTunde Adebimpeの青白いヴォーカルが鎮火するという素敵な構成に。「2100」では要注目なSSWのBootsが客演で参加、そのBootsのヴォーカルがゆらゆらと揺れてRTJの重量級のラップを蜃気楼のようにして歪ませて、聴き手の意識の奥底に沈殿させるのがまた面白い。「Panther Like A Panther」ではなんだか久々のTrinaが客演参加しており、ポカスカと叩き暴れるパーカッションの中で踊るRTJの棍棒みたいなラップと、ブリンブリンに弾力のあるTrinaのセクシーで挑発的なラップがナイス配置でやはり興奮します。心電図的なビートが無機質に脈打つ静寂系のトラック「Everybody Stay Calm」もシリアスで、RTJの太いのに鋭利という特殊なラップが堪能できる一曲。重厚なギターのリフと通電するようなシンセで交互にザクザクと進行する「Oh Mama」は王道スタイルなトラックがハードで格好良く、ゆるゆると飛んでくるRTJの二連結のキャノン砲のようなラップに黙って被弾するしかありません(降参)。あのKamasi Washingtonが参加ということで巷では話題なのであろう「Thursday In The Danger Room」は、僕的にはあまり引っ掛からなかった一曲で残念。最後は二曲が繋がった「A Report To The Shareholders / Kill Your Masters」、後半のズルズルと齲蝕するおうなドロドロのトラックは中毒性が高くてかなり好きな酸ミッド。

二人共が似たようなヘヴィー級のラップをするので、そういう良い意味では両極端なタッグだったらもっと聴きやすいかもと僕はいつも思ってしまうRun The Jewels(我儘)。しかし燻し銀な格好良さは当然ながら健在でタフそのもの、こういう一本芯の通ったラップ盤を聴きたいのも事実で御座います。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment