FC2ブログ

RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

09 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

僕が選ぶ2017年アルバムTop10[R&B部門]
全く音楽を聴く時間が無かった、そうとまで言えるぐらいに自分の時間は無し。
いや、多分作れる方は家族がいようが作れるのでしょうが、僕にはなかなか難しい。
だったらCDなんかは買わない方がいい、そう思う時期もありました。
しかしこれが、十代の頃からずっとの趣味だから今更止められない。
今年もR&Bも豊作、の筈なんですがそれほど聴き込む時間は無かったです。
だからこそ、今年は年間ベストも発表を中止しようかと悩んだぐらい。
そんな中でもパッと浮かんだ10枚を、ここで性懲りもなく書き連ねます。
今年の選出は2016/12/11から2017/12/10までの発売盤が選考対象です。



第十位 112『Q Mike Slim Daron』
112qmike.png

三十路で90年代にR&Bに嵌った僕としてはやはり、Bad Boy Recordsには特別な思い入れがあるし、それは112に対しても(そしてヴォーカルグループに対しても)格別なのです。一時期は不仲とされ再結成も不可能とされていた112、各自がソロアルバムを出したりしていたのでそれで我慢していたんです。それがきちんとオリジナルの四人で電撃再結成を果たし、時代に変に迎合しない純粋なR&Bを、その紳士で淑やかなハーモニーで紡いでくれたことにただただ感謝。もう少し聴く時間があったらば、もっと上位に食い込んだかもしれない往年ファン涙の一枚。

第九位 Sampha『Process』
113199671.jpg

R&Bなのかどうか難しいところもありますが、ピアノを弾きながらの繊細で儚げな歌声はとてつもなく美しく、胸に凛と一年間響き続けた一枚。James Blakeで感じたあのセピア色した情景をよりクリーミーに表現し、モフモフとした独特の感触でかえってエッヂーに聴かせた意欲作。その容貌からは見当付かない優しくミリ単位で調整されたウールみたいなヴォーカルも希有ですし、ソングライターとしての次回作や提供曲を楽しみにさせてくれる逸材。R&Bというジャンルに囚われず、あちこちの音楽サイトでも高評価を得ていたのも頷ける一枚でした。

第八位 SZA『Ctrl』
szactrl.png

巷ではもうKendrick Lamarと共に最強を誇っており、どの音楽サイトでも軒並み別ベスト3には確実ランクインしている感のあるSZA。勿論かく言う僕もSZAのこのアルバムはErykah Badu以来の感触を感じていて好きですが、Top3までには入りませんでした。その唇と同様に厚ぼったいヴォーカルがなんとも特徴的で、そこからなんとも熟れた果実が甘い果汁を滴らせるようにゆっくりと響くSZAのヴォーカルが艶っぽいこと(溜息)。だけどほどよく可愛くもある、二作目にはもっと好きになっていそうな予感がビンビンしています。

第七位 Demetria McKinney『Officially Yours』
alm108643.jpg

ハッキリ言って穴馬といいますか、僕はDemetria McKinneyのことは全く知らずにジャケットのみで購入を決意。女優もしているという美貌と違わず(というよりもそれ以上にきちんと)、実力溢れるヴォーカルで王道なR&Bサウンドを聴かせてくれて嬉しい驚き。トラックの振り幅もシンセをシンコペイトを使ったエッヂーなものからクラシカルなソウルナンバー、透き通るような純真バラードまで取り揃え、それらをバッチリと取り零し無く丁寧に歌い上げるDemetria McKinneyがナイスでした。飛び道具は無いんですがR&Bアルバムとしては、初期のBeyonceを思わせる作りで好みでした。

第六位 Kelela『Take Me Apart』
28049.jpg

世間様ではその洗練されたサウンドとの融合具合が高評価されている様ですが、僕はただただ単純にこのKelelaのヴォーカルに魅せられたんです。これまで何度も使われた“ネクストAaliyah”の称号ですが、本作でKelelaはその称号を確実にモノにしたのではないかと思います(しかもそれはTimbalandと合体した時のAaliyahを指している)。めくるめく煌びやかな電子サウンドの宇宙の中でも、Kelelaのしっとりとした女性的に生温かく官能的なヴォーカルが湿って響くことで、余計に深遠でミステリアスな音世界へと漂流させられるのが心地良いのです。

第五位 Brian McKnight『Genesis』
bramngene.jpg

僕の本当に大大大好きなR&Bシンガーが何を隠そうこのBrian McKnight、これまで何度と彼の音楽に涙し癒されてきたことか。こう書くとこれまでもランキングの常連だった様に思われるかもしれませんが、ここ近年では年間Top10には入っておらずかなり久々のランクイン。本作はやはりBrian McKnightのR&Bへの帰還を銘打てる内容で、それを支えたのはこれまたR&Bの名手であるTim Kellyで、このタッグが揃ったのだからもう美しい流線形のR&B曲のオンパレードになっているに決まっています。やっぱりBrian McKnightはこうでないと、そういう意味ではあまり息子達とガッツリ組んでやらない方が得策かな。

第四位 Ty Dolla $ign『Beach House 3』
ty-dolla-sign-beach-house-3-two-new-songs-jeremih-150x150.jpg

ハッキリ言ってリリース時期がもう少し早ければ、確実にTop3入りしていた気がするのがTy Dolla $ignの本作、本当に最後まで迷ったんです。曲数も多いのですがどれもTy Dolla $ignの味付けが濃くて、それでいて先鋭的で今を時めくサウンドというのをガッチリと呈示。これだけの幅広いキャラの立った客演陣を配置しつつも、やはりTy Dolla $ignのオリーブオイルのようなヴォーカルが数滴垂らされたらもう味付けはそれで決定、誰にも覆せないのです。話題だったし高評価だった前作よりも、分かり易くR&Bなアルバムだったこともこの高順位に影響しました。

第三位 LeToya Luckett『Back 2 Life』
MI0004237720.jpg

いや、確かに内容ではこれより素晴らしいアルバムが沢山あったでしょう、しかし僕はLeToya Luckettの本作がとても好きでした。まず何よりいまだに美人なLeToya Luckettが好きだし応援したい、このジャケットも最高でしたし、そんなに冒険していないけれど純粋にR&Bなアルバムは愛着が湧き易いのです。こう書くと内容が平凡だったのかと突っ込まれそうですが、そんな訳もなくLeToya Luckettのキリリと清廉で麗しいヴォーカルが堪能出来る、なかなか透明感抜群でクールな一枚で聴き応えありました。

第二位 Trey Songz『Tremaine The Album』
17songztrey.jpg

本作がこれまでのTrey Songzのキャリアハイかと問われたら、きっと違うのでしょうがそれでも本作は今年ただ単純によく聴きました。現存の若いR&Bシンガーの中でここまで露骨にセクシーなのはTrey Songzしかいない、そう断言できると思いますし、それだけでも彼は国宝級ではないかと思います。しかしただセクシーだけに頼るのではなく色々な楽曲に挑戦しているのもTrey Songzの凄いところで、本作にも王道エロチューンから熱帯気候なダンスチューン、EDMっぽくもあるポップチューンまで取り揃え、聴き手を飽きさせることなく楽しませてくれています。

第一位 Elijah Blake『Audiology』
0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e81-250x250.jpg

前作『Shadows & Diamonds』もすこぶる快作で、その年の年間第四位に僕は選出していたほど。そのElijah Blakeも順調に二作目をリリースしてくれて、本作はその一作目よりもバランスの均れた(その点は彼のソングライターとしての成長なんだと思う)アルバムを完成させました。サウンドもなかなか秀逸かつ独特で、他のシンガーのトレンドの押さえ方とは全く違っておりその点も異色でグッドでした。それでも実験的という意味では僕は前作の方が優れていたと思いますが、それを加味しても今年の年間第一位に君臨させて然るべき一枚でした。



.........とこんな感じで10枚決まりましたが、どうでしたでしょうか。
うーん、なんかこうまだ釈然とした僕もいて、もっと違ったランキングでも良かったかななんて。
やはりそれぞれに聴く時間が限られていて、好きなアルバムが来ると他が後回しになっていたのも事実ですし。
世間様的にはやはりSZAと並んでKhalid『American Teen』が高評価ですが、僕はそこまで嵌らず。
この十枚以外で悩んだアルバムを挙げるとすれば、Mary J. Blige『Strength Of A Woman』Chante Moore『The Rise Of The Pheonix』Cody ChesnuTT『My Love Divine Degree』Bryson Tiller『True To Self』あたりがそうです。
特にBryson Tillerに関しては前作で全く嵌らなかったので、二作目となる本作を結構聴いたから最後まで迷ったんですが外れてしまいました(難)。
こちらもRap部門同様、まだブログに書けていないアルバムが6枚も入るという非常事態。
今年また書けたらなとは思っています、約束は出来ませんが。

スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

TY$のBeach Houseめっちゃ良かったですね! ゲスト達の個性に負けず統一感があって愛聴してます!
さとしさん、コメント頂いていたのに、返事遅くなり申し訳ないです。。。
Ty Dolla $ign、めちゃくちゃ良いですよね、1stよりも断然2ndの方が良かったのに、あまり話題にならなかったのが不思議過ぎて。
あれだけのゲストに囲まれても抜群の存在感、素晴らしい!

Leave a Comment