FC2ブログ

RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

12 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
245位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Fergie「Double Dutchess」
fergiedouvlr.jpg

Black Eyed Peasの人気の火付け役となったキーマン、Fergieのソロ通算二作目となる『Double Dutchess』を御紹介。それまで三人で活動していたBlack Eyed Peas、それまではコアでド渋いサウンドでどちらかといえばコンシャスなグループでしたが(そんな中にもやはりキャッチーさはあった)、Fergieを新たに加入させた3rd『Elephunk』で一気に人気が爆発しました。だから最初、コアなファンからは邪魔者扱いされていた感もあるFergieですが、やはり彼女が参加してからのBEPの方がずっと馴染みがあるといった感じ。そのBEPは現在Fergie抜きで活動を再会した様ですが、Fergieの脱退については否定しております。私生活でも俳優のJosh Duhamelとの間に男児をもうけ、より強くなったFergieが放つのが本作で御座います。
それでは粗末ではありますが感想を書かせて頂きますと・・・・・・まずはYonniとJP Did Thisが共同制作した「Hungry」でスタート、客演にはRick Rossが参加。寂れた教会に響き渡るような鋭く尖ったサウンドが冷たく、Fergieの舐め上げる様な挑発的なヴォーカルとRick Rossの重厚なラップが澱を作り沈殿するのも乙。「Like It Ain't Nuttin'」は盟友であるwill.i.amとDJ Ammoが共同制作、Audio Two「Top Billin」を下敷きにして、デジタルノイジーなビートと音色を立方体で積んでいき、そこにFergieのゴチゴチに硬く尖ったヴォーカルが冷たくクラッシュ。ここら辺のヴォーカルの遊ばせ方はどこか、クネクネ動きながらもバウンスするMissy Elliottを彷彿とさせる面白さ。同じくwill.i.amが制作を担当した「You Already Know」も、James Brown「Think (About It)」をネタ使いした、骨組みはかなりシンプルで素朴ながらも肉付けがカラフルメタリックなアッパー。Fergieがファルセットを駆使しながらヒラヒラと舞ったりラップをかましたりと変幻自在なのも良いし(トラック自体もやはり入り組んでいてカメレオン擬態状態)、そこに客演のNicki Minajがキュートでクレイジーなラップではしゃぐのもナイス援護射撃。Leon "Roccstar" YoungbloodとMr. Franksが共同制作した「Just Like You」は、雨煙る中の冷気漂うようなトラックに露を滴らせたように響くFergieの濡れたヴォーカルがなんともヒリヒリ切ない。「A Little Work」はCirkutが制作を担当した美しい純白ミッドで、大空へと羽ばたくように壮麗なトラックとFergieの神々しく輝くヴォーカルに心を洗われます。「Life Goes On」はToby GadとKeith Harrisが共同制作した清々し過ぎるミッドで、これがまたFergieにお似合いの程よくスパイシーな味付けもされていて(Toby Gadのギターテイストがそうさせる)、ゆったりと髪を絡ませて吹き抜ける爽やかな風のようなFergieのエアリーな歌声もイイ(安楽)。本作からの先行シングルとして放たれたのが攻めまくりなエロママ讃歌「M.I.L.F.$」、制作は最近名前を見かけていなかった気のするPolow Da Donが担当。せわしなく暴発しては収縮を繰り返すベチャベチャと鼓膜にこびり付くサウンドに、そのトラックを乱打しながらシャウトしトラック建設するFergie専門職な暴れアッパー。Fergieの大ヒット曲「Big Girls Don't Cry」系統のアコースティックメロウ「Save It Til Morning」はToby Gadが制作を担当、優しくもどこか曇ったFergieのヴォーカルが心を湿らせるし、爪弾くギターの音色はまるで遠くで鳴る雷鳴のよう。「Enchante (Carine)」はFixynが制作を担当しており、これは最近のヴィヴィッドなボタニカルEDMに目配せをした一曲で軽やかで聴き易い。Alessoが制作を担当した「Tension」は、鉛を溶かしたような液体にズブズブと浸けたようなサウンドがなんともギラギラとクールで、Rick James的な濡れファンクで艶かしく反るFergieの歌声もセクシーでグッド。「L.A. Love」はDijon "DJ Mustard" McFarlaneが制作し、客演にはYGを迎えるという鉄壁な布陣で、DJ Mustardらしい毒気もあるドロッと重たい油脂チューンに、YGの嗄れて圧力たっぷりなラップがジリジリと焦げてカッコイイ(渋)。Philip "DJ Hardwerk" Constableが制作した「Love Is Blind」の抜け感も息抜きとしては良く、常夏青空を思わせるレゲエチューンにまったり。最後を飾るのはまたもやToby Gadが制作を担当したアコースティックバラード「Love Is Pain」で、なんだかオレンジ色に濡れる夕立を思わせるしんみりとしてきゅっと胸を締め付けるトラックはFergieの泣き叫ぶようなシャウトを輝かせる、Princeへの憧憬をも感じる一曲で〆としては最高です。

なんというか、Fergieは歌唱力もあるしいろんな楽曲をやれるんだけれど、そのせいかコレという決め手に欠けるというか。本作も色んな楽曲が混じっていて楽しいけれど、どれも印象には残らなかったというのが本音。早めにBlack Eyed Peasの面々と合流した方が良いと思うけれど、Kendrick Lamarなどで隆盛している最近のコンシャスな流れに沿うであろうwill.i.amが、どういう采配を下すかが気になるところ。年齢も重ねてきているしここからが勝負、もちろん応援していますけれどね。








スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment