FC2ブログ

RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
217位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Kenny Lattimore「Vulnerable」
kenny-lattimore-vulnerable-cover-2.jpg

爽やかなルックスと歌声で長く活躍している正当派、Kenny Lattimoreの通算六作目となる『Vulnerable』を御紹介。前作にあたる『Anatomy Of A Love Song』は素晴らしい快作で、このブログの年末企画“ 僕が選ぶ2015年アルバムTop10[R&B部門]”では堂々の第一位に選出した程でした(賞賛)。良き美しき妻Chante Mooreとの離婚は、お似合いだっただけに本当に悲しかったですが、その後もこうして素晴らしい活躍を続けてくれているので、とりあえずはOKとしましょう。前作から約二年ぐらいのスパンでの本作ですので、自主レーベルでの活動も順風満帆なんだと思います。
という訳で早速と感想を書いてみたいと思うのですが・・・・・・本作のブックレットにはProducerがクレジットが記載されておらず、ソングライトだけで書けばKenny Lattimoreは全曲に関与している模様です。まずはここ数年はRihannaやらDrakeが再びメインストリームに押し上げた感のある、トロピカル風味の快感ミッド「Vulnerable」でスタート。これがレゲエ風味ではあるけれども常夏などではなく、夕涼みのようにまったりとクールダウンしたメロディが美しく、Kenny Lattimoreの清涼感溢れる潮風のようなヴォーカルが心地良く吹き抜けます。どこか80年代ポップ(というかMichael Jacksonの『Bad』期)を彷彿とさせる、漂白系のミッド「Push」なんかもサラリと翻るKenny Lattimoreのミントグリーンな歌声がなんともスッキリ爽やか。ひらひらと舞い降るような鍵盤音がとっても優美なバラード「Stay On My Mind」は、Kenny Lattimoreらしいスマートで洒落たR&Bチューンでやはり三十路はうっとり(溺)。スナップというよりも水を弾くような飛沫音に似たビートが、どこまでも滑らかで麗しいKenny Lattimoreの端正なヴォーカルの滑りをより良くします(滑走)。都会の夜に瞬く街の灯みたいな明滅が美しい「Perfection」もただただオシャレ、シルクの様に滑らかに上品なトラックとヴォーカルがドレッシーに踊る一曲。水に打った波紋のように均整とって広がる湿潤メロウ「Curtains Closed」、滴る雫の響かせる音色のように優しく深々と響く歌声が鼓膜にバッチリ浸透します。Kenny Lattimoreがほぼほぼ繊細なファルセットで聴かせる「Priceless」は、もうポタポタと鳴るほどに熟れて果汁の滴るジューシーメロウでもう甘い甘い(糖度)。澄み切った天空を渡る様な感触を味わえる壮麗ミッド「Deserve」、そんな天空を裂いて降る雨粒のようにキメ細かに光り輝くKenny Lattimoreの歌声がなんだか神々しくて、聴いているだけで鼓膜とハートが浄化し昇天します。そのまま昇天した先に広がる極楽浄土に抱かれる感覚に溺れる「Falling For You」が最高、メロディの持つ明度を最大限まで引き出して後光の射し、Kenny Lattimoreの真っ直ぐで清らかなヴォーカルが心を優しく揺さぶるバラードにただ涙(燦々)。「One More Night」ではサックス奏者のGerald Albrightが客演参加、これも朝靄を切り裂いて輝く朝の斜光のようなメロディとヴォーカルがシンクロしていて、終盤に流れるサックスがじわじわと朝の温度を上げる様な仕組みでグッド。最後はなかなか洒脱なR&Bライクミッド「More Than Life」もなだらかなグラインドを描いてグルーヴするのが心地良く、Kenny Lattimoreの潔癖なヴォーカルがパリッと響くのがカッコイイ。あとはボーナストラック扱いで「Never Too Busy (Live)」を収録、Kenny Lattimioreの喋り声は一段低くもっと男性的なセクシーさが感じられて、そんな中で酔って踊るように堕ちてゆくJazzyな音色がなんとも美しいのです。

相も変わらずの爽やかさ、最近のR&Bも勿論好きですがやはりこういうサウンドとヴォーカルに立ち戻ってしまうのも三十路の宿命。一時期Ne-Yoが隆盛した頃に比べると、こういう潔癖無菌なR&Bも少なくなった気がするので、かえって新鮮な気持ちと懐かしい気持ちを混在させて楽しめます。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment