RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Wyclef Jean「Carnival, Vol.2 : Memoirs Of An Immigrant」
wj-cv2covs.jpg


Lauryn HillとPrasが所属した伝説的Hip HopグループThe Fugeesの頭脳でありリーダーWyclef Jeanの『Carnival, Vol.2 : Memoirs Of An Immigrant』を御紹介。最近でもそのProduce能力の高さでYing Yang TwinsやShakira、T.I.といった人気者を手掛けています。そんな彼のソロ通算六作目となる本作、勿論僕は購入致しました。
それではふんわりと内容に触れてゆきます……今回も結構なボリュームなので途中でへこたれること請け合いです(笑)。最初に一応書いておきますが、全曲をWyclef Jeanと従兄弟のJerry "Wonda" Duplessisの二人で共同制作しております(当然)。まずはエレキギターの音が暴れ回るがやはり南国風味な「Riot」で登場、客演にSerj TankianとSizzlaが参加した一曲。続く「Sweetest Girl(Dollar Bill)」もHaitiの香り漂うWyclef Jeanの王道トラックであり本作からの先行シングル、客演にはAkonと新客演王(MC部門)のLil Wayneと超豪華。金が先走る世の中の現状を歌った歌詞内容はWyclefらしいけれど、聴いている側としてはただ気持ちが良い、Akonとの相性は思った通り抜群に良いし、Lil Wayneも流石の存在感でこの曲に欠点が無い事をきっちり証明しています(成功)。御返し客演にT.I.を援護射撃に迎えたブルージーにスムージーに歌フックを用いた「Slow Down」もなかなか、僕的にはもっとパンチが効いたものにして欲しかったけれど、こういうWyclef Jeanが喉を奮わせて歌い上げるメロウ系も好きなんでオーケィです。T.I.も相変わらず二枚目な良い声してます、低い声で単調に攻めるラップがカッコイイっす。「King & Queen」も御返し客演、色っぽ過ぎるShakira嬢との妖艶(妖演)。バタバタと疾走するRaggae風味なWyclef Jeanのパートと、スロウダウンして淀むShakiraのパートが交錯する面白い一曲。「Fast Car」は驚き、あのPaul Simonがゲスト参加。ギター爪弾く寂しげトラック上で“死”についてラップするWyclef Jeanとしっとり歌い上げる貫禄十分のPaul Simonに拍手。「What About The Baby」ではあの名曲再びといった塩梅でMary J. Bligeと共演。Wyclef Jeanが実際に自身に起こった夫婦間の諍いをテーマにした楽曲で、妻の言い分をMJBが担当したある意味で面白い一曲、しっかしこのデュエットもまた熱くて好きですよ。完全にインド音楽っぽいサウンドが癖になる「Hollywood Meets Bollywood(Immigration)」ではChamillionaireが参戦、ここでもどこかメロディアスで小刻みに微塵斬り疾走するChamillionaireが絶妙なスパイスになっていてグッド。そして僕が本作で最も気になっていた、そして期待通りで一番気に入っているNorah Jonesが歌声&ピアノを披露する「Any Other Day」、ハリケーンカトリーナの内容を歌ったメッセージソング、Norah Jonesの優しい歌声はどこまでも澄んでいて美しい。これまた僕のWyclef Jeanの好きな一面を前面に押し出してくれている「Heaven's In New York」、哀愁ギターにWyclef Jeanの南国歌唱、なのに“天国はN.Y.にある”と歌うWyclefと一緒に僕は口ずさむ。「Touch Your Button Carnival Jam」では、BEPの頭脳will.i.amが参加(彼は製作でも参加)、この二人の息も恐ろしいほどにピッタリで完全に融合しちゃってます。この二人は考えたら創り出す曲調も似てる、感覚が似ている者同士なのかも。で、国内盤にはこれらに加えて「On Tour」「China Wine」、そして加えてWu-Tang ClanのRaekwonが参加した最強「Sweetest Girl(Dollar Bill)(Remix)」を収録。Wu-Tang Clanのクラシック「C.R.E.A.M.」をまんま下敷きにしたトラックは、Hip Hopファンにはたまらんですばい(興奮)。

さすがの人脈も手伝ってかなり彩り豊かなアルバムとなっています、ゲスト陣目当てで購入しても面白いかもしれません。歌詞がかなり真面目な内容ばかりで理解するに難しい点もありますが、それも含めてWyclef Jeanの魅力なんでしょうねぇ。もうちょっとHip Hop寄りなサウンドも盛り込んでくれると聴き易かったかなぁと、でも夏にはきっとピッタリであろう一枚でした。
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment