RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
26位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 3

OutKast「Aquemini」
Outkast-aquemini.jpg

その革新的なサウンドと奇抜な世界観で聴き手を魅了し続けるOutKastの通算三作目となる『Aquemini』を御紹介。この“Aquemini”という単語は、Big Boiの“Aquarius(水瓶座)”とAndre 3000の“Gemini(双子座)”を掛け合わせた彼らの造語で御座います。彼らの音楽は確かに、どこか宇宙学的な要素を含んでいるから納得のネーミングではあります。
それでは内容について触れてゆきますが……まずはやはりOutKast自身の製作による楽曲から御紹介、いつもながらかなり先進的なサウンドを魅せつけてくれています。まずは冒頭の“あーはっ♪べーいべ♪”なる女性の歌フックとギュイギュイ鳴るスクラッチで鼓膜を鷲掴みされる「Rosa Parks」、御存知ヒットシングル曲で御座います。軽快に跳ねながら進むライトな感触のビート、少しタイミングをずらす斜に構えたAndre 3000のラップ、途中で転調するいかにも南部っぽいハーモニカとハンドクラップの応酬、どれを取ってもOutKastらしいゴチャ混ぜトラックは見事。宇宙空間を心地良く浮遊している様な遊泳感に浸ってしまう「Aquemini」、そんな中でも超クールに早口でツイストラップを撃ち放つBig Boiの格好良さ。こういう感じの曲はThe Neptunesの専売特許って感じがするけれど、意外と本家はOutKastの二人なんでしょうねぇ(感嘆)。引き続きそういう宇宙的な空気を感じる「Synthesizer」はGeorge Clintonが参加、平坦でヒンヤリと冷たい電子音の完璧なまでの構築具合がいかにもOutKast。近未来的でどこかロボット的、聴けば聴くほど不思議な魅力を持っている一曲。と思えば「Slump」ではハミング効かせた泥臭いビートを用意、Cool BreezeにBackboneとファミリーも参加。ドラムロールから一気にユル~とまったりな異空間に放り出される「SpottieOttieDopaliscious」なんか面白い、冒頭で囁くようなハイトーンボイスで歌っているのはPat BrownことSleepy Brown。このラップなのかポエトリーリーディングか際どいラインを上手~く突くAndre 3000の曲者っぷりが今は好き(溺愛)。「Liberation」ではCee-LoにErykah Badu、Big Rubeが参加。これもまたピアノ旋律にパーカッションが鳴り響く内省的な世界観にグッと引き込まれる一曲で、ここではCee-Loがあの特異な響きを持つ喉でじっくり歌ってくれてます(痺)。Erykah BaduとOutKast(というよりAndre 3000)との絡みは聴いてて鳥肌立つほど色鮮やかで興奮する、是非二人でアルバムを一枚作って頂きたい(熱望)。最後を締め括る「Chonkyfire」はロック調のナンバー、Andre 3000とBig Boiのラップを存分に堪能できる一曲。その他にはOrganized Noizeが製作している楽曲も勿論収録、まずはダークでギャングスタなビートがMobb Deepっぽい東海岸寄りの「Return of the 'G'」。こういうシリアスでストイックなビートでも、OutKastのラップは凄まじく格好良く炸裂するのです。Wu-Tang ClanよりRaekwonが参加した「Skew It On The Bar-B」もOrganized Noize、ジャキジャキと鋭く尖ったビートに合わせて三人の攻撃的なラップが散弾する激カッコイイ一曲。Raekwonとの相性も良くて(Organized Noize製作のこのビート、やはり東海岸っぽさもちょっとあるのかも)素敵。Big Boiのソロ曲「West Savannah」もOrganized Noize製作、これもまたホーンの音が遠くで聞こえる楽器トラックで、OutKast製作曲とは違います。MasadaとWitchdoctorが参加した「Mamacita」もOrganized Noize製作、これもまた煙たいロックテイストの楽曲で雰囲気がちょっと違って良い。

やっぱり奇抜で独特のぶっ飛んだその世界観は、思わず冒険したくなる誘惑がたっぷり。でもやっぱろAndre 3000もBig Boiも格好良いんですよ、クールなんですよねぇ。最近ではもうAndre 3000が歌ってばかりでなかなかラップしないから、そういう意味でもこの頃の作品を聴き返すのも良いかもですねぇ(懐古)。
スポンサーサイト

「嫌な奴」      fromAlbum「水中物語」 すでに生産中止になってしまいましたが、 かつてのDJプレイの必須アイテムだったターンテーブルTechnics SL-1200。 以前、その発売30周年記念イベントで一人のベテランDJがプレイ前に、 マイクで何やら?...
「嫌な奴」      fromAlbum「水中物語」 すでに生産中止になってしまいましたが、 かつてのDJプレイの必須アイテムだったターンテーブルTechnics SL-1200。 以前、その発売30周年記念イベントで一人のベテランDJがプレイ前に、 マイクで何やら?...
「嫌な奴」         fromAlbum「水中物語」

Comments

Leave a Comment