RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jay-Z「The Blueprint 2」
Jay-Z_blueprint_2.jpg

Hip Hop界を牛耳れる程の大物ベテランとなった王者、Jay-Zの通算 作目となる『The Blueprint 2』を御紹介。本作はJay-Zのあの傑作『The Blueprint』の続編という事で、かなりHip Hop愛好家の間では期待され話題になったであろう一枚で、しかも本作は大容量の二枚組みとなっているのです。このジャケットもなかなかシンプルで渋くて良くないですか、珍しくJay-Zが二枚目に写っているので結構好きです。
それでは気になる内容を御紹介致しましょう……まずはDisc 1となる“The Gift”から触れます、凄い事になっています(覚悟)。まず幕開けからして凄い「A Dream」、製作は今を時めくKanye WestでNotorious B.I.G.の名曲「Juicy」からあの有名な“It Was All A Dream♪”から始まるラインをそのまま拝借しスクラッチした、Hip Hop愛好家にはたまらない反則技な一曲(興奮)。Biggieの奥様であるFaith Evansにフックを歌わせる演出も憎いし、最後に音が無くなりJay-Zの語るようなラップで終わるのがまた良い。「Hovi Baby」は盟友Just Blazeが製作を担当、ちなみにHoviとはJay-Zの別称の事。TLC「Diggin' On You」をサンプリングした電子音がビュイーンと段階的に上がってゆくトラックがクールで、派手過ぎない派手さが燻し銀でカッコイイ。「The Watcher 2」はDr.Dreの同名曲の続編で(トラックもそのまま)、Jay-ZにDr.Dreにそれかた伝説的MCのRakimが参加した豪華な一曲(最強)。Dr.Dreとの絡みも新鮮ですが、同じN.Y.の英雄であるRakimのあの渋いラップが聴けるだけで最高に熱いです。そして本作のヒット曲が、2Pac「Me And My Girlfriend」をベッタリ使ったKanye West製作の「'03 Bonnie & Clyde」、客演には恋人である歌姫Beyonceが参加(豪華)。あの乾いたスパイシートラックの醍醐味はそのまま、Jay-Zのちょっと間を外す様なラップが最高にカッコ良く、Beyonceのクールで挑発的な歌声も魅力たっぷりの一曲でグッド。僕が個人的に大好きなのがThe Neptunes製作の甘美メロウな電子紳士曲「Excuse Me Miss」、浮遊感漂う繊細で美しいシンセに絡むJay-Zの話しかけるようにリラックスしたラップ、そしてPharrell WilliamsがLuther Vandross「Take You Out」から拝借して歌う甘いラインも最高にとろけてしまう素敵過ぎるオシャレ曲(惚)。この曲はJay-Z曲としてもThe Neptunes製作曲としても、かなり上位に喰い込む大好きな一曲です(好物)。続く「What They Gonna Do」はJay-Zの盟友でもある奇才Timbalandが製作、客演にはSean Paulが参加。いかにもTimbalandらしい捻れた電子バウンスを軽く乗りこなすJay-Z、フックでのみ登場のSean Paulは本当に出番が少なくて可哀想な気も。「All Roud The World」はChicagoの重鎮でKanye Westの師匠でもあるNo I.D.が製作を担当したとっても煌めいた眩しい美曲、客演のLaToiya Williamsの色っぽくも力強い歌声も素敵過ぎますね(惚)、流れる様なピアノ旋律に乗っかり流すJay-Zの滑らかでスマートなラップも鳥肌モノの格好良さ。Kanye WestがThe Marvelettes「After All」をサンプリングしたスピード感溢れる疾走曲「Poppin' Tags」は、早口で流暢で突っ走るラップを得意とするTwista、Killer Mike、Big Boiの曲者揃いの布陣で最強の攻撃(一撃)。「F**k All Nite」は再びThe Neptunes製作、ここでは彼らが作ったUsher「U Don't Have To Call」を下敷きにしたゆったりスウィートに跳ねるミッドを提供。The Neptunesの創るこういうキュートでメロウな曲が好きな僕は大好物、しかも途中でPharrellのクールな歌声も挟まるからそれがまた素敵(痺)。再度Timbaland製作の「The Bounce」は題名通りにドカドカと叩いて跳ねるバウンシーな一曲、しっかしどこかスパイシーで癖があってやはり中毒性が高い(凄)。最後を飾る「I Did It My Way」ではPaul Anka「My Way」から歌声をそのまま抜き出しフックにするという荒技、でもビートは完全にHip Hopな不穏さ、製作はJimmy KendrixとBig Chuckが担当。
続いてはDisc 2となる“The Curse”を御紹介、これも凄いんです……まずはRon FeemsterとBig Chuckが共同で製作したRoc-A-Fella賛歌の「Diamonds Is Forever」、なんともシリアスながらフックでの大きく揺れながら聴かせるJay-Zのラップが迫力あり。「Guns & Roses」はなんとLenny Kravitzが客演で参加、そして製作はあのHeavy Dなんです(驚)。Cake「Arco Arena」を下敷きにした完璧にエレキギターでRockしちゃっているトラックはゴツゴツしていてカッコイイし、それに難なく乗っかるJay-ZもLenny Kravitzの吼える歌声も痺れる程にカッコイイ。前作『The Blueprint』に収録されていた同名曲の続編となる「U Don't Know(Remix)」はJust Blazeが製作したままのトラック使いで、新たに凶暴タッグのM.O.P.が援護射撃で参上(興奮)。Jay-Zと合うかなぁと疑問だったけれど、やはり実力者が揃えば問題なし。この曲はオリジナルも勿論好きですが、M.O.P.を迎えて勢いが増したRemixがまた素晴らしい。続いてもJust BlazeがJermaine Jackson「Castles Of Sand」を用いて得意の45回転使いで加工したスムージーな煌めき曲「Some How Some Way」は溜息モノの美しさ、しかも客演にはBeanie Sigelと大物Scarfaceが参加しているから強力。特にScarfaceのあの飲み込む様な大らかで太いラップが心地良くて、こういうメロウな曲にもすんなりフィット。Brenda Russel「World Called Love」を使ったKanye West製作曲「Some People Hate」も、完璧にKanye West趣味なトラックがヤバいファンキーさ。Charlamane製作の不穏な鍵盤音にビートが絡む「Blueprint2」、これはちょっとEminem風味なダークさ。The Neptunes製作の歪んだ電子音とギター弦と打楽器音が度ドロっとした感触を生み出している「N***a Please」は病み付き、客演にはYoung Gunzの片割れであるYoung Chrisが参加。「2 Many Hoes」はTimbaland製作のドカドカ踏み鳴らすチキチキ系統のバウンス曲、途中でちょっぴり聴こえるTimbalandの声も良いスパイスになっています。Memphis BleekにFreewayにYoung GunzにPeedi CrakkにSparks、それからシンガーのRellとRoc-A-Fellaの兵隊達が勢揃いしてマイクを回す「As One」はもはや反則技、Earth, Wind & Fireの代表曲「Fantasy」をそのままベッタリと使用。Just Blazeもこういう大ネタ使いを平気で巧~く使うから好き、このマイクリレーはRoc-A-Fellaファンにはたまらない(涎)。しっとりしたピアノの音色で始まる艶っぽいスウィート曲「A Ballad For The Fallen Soldier」はThe Neptunes製作曲、The Neptunesの創るこういうまったりと甘い美曲が僕は大好物だからたまらない、あとPharrellのナヨっとした細いファルセット使いも。とここまで本編で、あと三曲はどうもボーナストラック扱いの様ですが、これも絶対に聴き逃せない。ギュイーンギュイーンと回転しながらトリップする「Show You How」、N.W.A.「A B***h Iz A B***h」をギュルギュルと擦ってバッキバキと攻める「B*****s & Sisters」の二曲はJust Blazeが製作、やっぱりJust Blazeは最高のProducerですね(称号)。最後を飾る「What They Gonna Do Part II」はDiggaが製作を担当、「What They Gonna Do」とそこまで相違はありません。

全25曲のボリュームも凄いんですが、何よりこれだけの曲を収録しながら全てが最高水準を誇示している事が凄まじい。これだけど素晴らしいProducer&ゲスト陣が揃うのも(そして彼らにけして喰われないのも)Jay-Zの実力と貫禄の成せる業だと思います(畏敬)。これだけの豪華共演をこの一枚で楽しめるんだからかなりお買い得ですよ、持っていない方は絶対に損していると思います(断言)。前作『The Blueprint』とは違った趣向だけれど、これはまた良い意味でHip Hopの醍醐味がギュッと濃縮されています。
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment