RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
47位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 1

久保田利伸「THE BADDEST」
baddest-kubota.jpg

僕が日本人で唯一R&Bシンガーとして聴愛する久保田利伸、彼の初期の黄金の軌跡を集めたベスト盤『THE BADDEST』を御紹介。今ではR&BもSoulもHip Hopも日本の音楽シーンを揺るぎないものにしていますが、その開祖といえるのはやはり久保田利伸ただ一人なのではないでしょうか(断言)。そんな久保田利伸の素晴らしい楽曲をコンパイルしたのがこの“BADDEST"シリーズ、その第一作目が本作で御座います。このジャケットも格好良いですよねぇ、久保田利伸がもう黒人にしか見えないですよ。久保田利伸(以降は久保田と省略、呼び捨てにして御免なさい)ファンではないけれど本作は持っているという方、この日本にはかなり多いのではないでしょうか。
それでは本作の収録内容を御紹介したいと思います……先に言っておきますが、これはもう最強のベスト盤、本作には彼の代表曲がギッシリ詰まっています。まず幕開けを飾るのは「TIMEシャワーに射たれて」、冒頭のゴスペルライクな久保田のアカペラでもう一気に昇天。と思えばベース弦とビートが炸裂する疾走チューンに合わせて、久保田がファンキーなラップを英語っぽいノリでガッツリぶちかます最高に盛り上がる一曲。そして彼の代表曲「流星のサドル」が早くも登場、細かく鳴る電子音メロディに眩いほどの久保田のエネルギッシュな歌声が弾けて輝くこの曲、R&Bしながらもそのポップでキャッチーなメロディが最高に熱いッ!“夜を越えていくのさ、流星のサドルで♪”ってのがまた最高、こんなフレーズは絶対に思いつかない(独創的)。「Oh, What A Night!」は電子鍵盤っぽい流麗なメロディが甘酸っぱいPrince風味の懐かしいポップチューン、その響きの似ている“Oh What A Night”と“終わらない”をきっと掛けているのであろう、久保田の言葉遊びの妙を感じる晴れやかな一曲。そして20世紀を代表するバラードといっても過言ではない、屈指の泣きバラード「Missing」も収録。この曲は本当に素晴らしい、久保田の澄んだ泣きそうな歌声に強く胸をギュッと締め付けられる、涙無くしては聴けない刹那曲。詩の内容を見るとこの曲はきっと不倫の恋を歌っているのではないかと思います、叶わないと分かっている恋ほど辛いものはない……。多くのアーティストがカバーしている様なので、久保田の曲とは知らないでも、この曲は知っている若い方も多いと思います。そして僕のお気に入りなのがドラマチックでスリリングなメロディ展開が最高にクールな「You Were Mine」、この曲はR&Bというよりは王道J-Popな作りがまた良くて、それでも久保田の歌声が弾けてファンキーで熱くて、そんな久保田が“思い出の中に君を、このまま閉じ込められない♪”とシャウト気味に力強く歌うフックがすごく身に沁みるスピーディーな一曲。低く鳴る電子音が冷たくガラスの様な世界観を構築する「一途な夜、無傷な朝」、弾ける様なエレクトロポップで陽気にステップを踏んで心も踊る「GODDES ~新しい女神~」、ジャマイカンな打楽器ビートに電子楽器がカラフルにじゃれ合い久保田のターザンヴォイスが唸るPrince風味な「PSYCHIC BEAT」、すごく懐かしいメロディに疾走感溢れる久保田のスーパーカーみたいな歌声が駆け抜ける「Olympicは火の車」、完璧にファンキーなHop Hopビートでお祭り気分に盛り上がる「TAWAWAヒットパレード」と、ヒット曲の目白押し。最近好きで聴いているのは突き抜ける様に晴れやかなアカペラで始まる「永遠の翼」、雄大な自然を感じる空気感たっぷりのサンシャイン曲に久保田の元気一杯な自由奔放な歌声が気持ち良過ぎる一曲。あとは最後を締め括る「Cry On Your Smile」も好き、静寂の中にも情熱がキラリ光るスローバラードで、久保田の真っ直ぐなフックがすごく胸に突き刺さる一曲。とても89年に日本で発売(編纂)されたベスト盤とは思えないぐらい、黒さを湛えた先進的な楽曲ばかりで御座います。

ねぇこれが日本人が歌っている曲なの?ってぐらいの歌唱力と表現力、素晴らしいシンガーで御座います(鳥肌)。この一枚あれば、とりあえず久保田利伸の魅力にはベッタリ触れられると思います、つまり久保田利伸の入門編といえる一枚で、初心者には持って来いな一枚かと思います(推薦)。これを聴いてから、是非ともそのまま他のオリジナル盤を聴いて頂きたいですね。久保田利伸がいなかったら、R&Bが大好きな僕はいなかったです。そしていつも家の中で久保田利伸をガンガン掛けて夕飯を作っていた母がいなくては、やはり今のBlack Music好きな僕はいなかったでしょう、ありがとう久保田さん、そしてお母さん(感謝)。
スポンサーサイト

SINGLES COLLECTION +6WANDS株式会社ビーグラム発売日 1...

Comments

Leave a Comment