RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
140位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
40位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Bruno Mars「Doo-Wops & Hooligans
Bruno-Mars-Doo-Wops-Hooligans-Full-Album-Stream.jpeg

HawaiiはHonolulu出身のシンガーソングライター、Bruno Marsのデビューアルバム『Doo-Wops & Hooligans』を御紹介。Bruno Marsは音楽一家に生まれ、Philip LawrenceとAri Levineとプロデュースチーム“The Smeezingtons”を結成。彼らはFlo Rida「Right Round」やTravie McCoy「Billionaire」やBrandy「Long Distance」やK’Naan「Waving Flags」などを手掛ける実力派。あと忘れていけないのはB.o.B「Nothin' On You」への参加も大きかった、あれからヒット街道をまっしぐらです。
それでは気になる内容を御紹介したいと思います・・・・・・まずは製作陣を述べておきますと、勿論先述したThe Smeezingtonsが全曲の制作を担当しています。全米No.1獲得シングル「Grenade」で幕開け、オルガンっぽい鍵盤音がフラフラと彷徨う旋律に湿っぽくも鼓動激しいビートが絡み、Bruno Marsの腹の底から震え絞り出す様な“君の為なら何だってする、なのに君は僕の為に同じ事は出来ないんだ♪”と激しく歌う詩が悲しい失恋曲。「Just The Way You Are」(Needlzと共同制作)は天使が舞い降りてきそうなキラキラと輝く美しいメロディに乗せて、“君は最高さ、そのままの君で♪”と歌うBruno Marsの優しくて微笑ましい歌声に気持ちが和む素敵なメロウチューン(照)。すごく澄んだピアノ鍵盤のメロディが眩しいぐらいにみずみずしくて、新鮮な空気を思い切り吸い込んだ様な爽快感がたまらなくいい純真なラヴソング。ちょっぴり南国チックなレイドバック感が漂うマッタリと溶ける夕暮れ曲「Our First Time」(The Supa Dupsと共同制作)、少し囁く様な冒頭&ブリッジも素晴らしい演出方法だし、Bruno Marsのスーッと薄めて伸ばすヴォーカルも素敵です。ブイブイと捻らし力強く鳴らす弦音&ドラムスがファンキーなロックチューン「Runaway Love」も振り幅の大きさが巧くて思わずツイストして乗ってしまう、Raphael Saadiqも真っ青なオールド回帰で巧い。これまたギターをツンツンと摘んで鳴らす、ハワイアンなトロピカルなメロディがキュートな「The Lazy Song」も青く澄んだ空の様に気持ち良く抜けてゆくナイスサワーな一曲に。だんだんの明るくなってゆく朝の日差しの様な希望と力が漲るプロポーズソング「Marry You」も思わず微笑んでニンマリしてしまう、優しさと愛がいっぱいに溢れるラヴソングで胸キュン100%です。静かに寂しげに響き渡るピアノ旋律に、Bruno Marsの透き通る様なファルセットが切なく胸を打つ「Talking To The Moon」。すごく綺麗で無垢で儚くて、聴いているだけで涙が滲んでしまう、Bruno Marsのヴォーカルの静と動のコントラストも素晴らしくて、失恋の持つ悲しさと激しさが入り交じる感じが凄く伝わる名曲(感動)。「Liquor Store Blues」ではDamian Marleyを客演に招き、二人のルーツを巧く融合したRaggaeチックな哀愁トラックに仕上げています。爪弾くアコースティックギターに二拍子なリズムが軽やかに乗る「Count On Me」はまるでカントリーソング、なんだか心が安らぐなだらかさがこの曲にもあって、途中のストリングスもすごく素敵です。最後を締め括るのはあのCee-Lo GreenとB.o.Bを客演に揃えた最強布陣な「The Other Side」、この面子が揃い踏みしただけでもう100点満点あげたいぐらいです(完璧)。この三人だからこそ選んだ様な激渋なブルージーファンクチューンでゴリゴリに攻めますし、すごく三人の相性が抜群で聴いていて背筋から痺れ上がってしまいます(失神寸前)。とここまでが本編の内容で、国内盤には追加してボーナス曲が収録されていまして。中でも注目なのがまず「Just The Way You Are(Remix)」、あのLupe Fiascoが新たにVerseを吹き込んだ素敵なRemixに仕上がっています。あとは「Somewhere In Brooklyn(EP Version)」、ピコポコした電子音にカワイイ鍵盤の音色が踊る童話チックなほんわかさが胸キュン。あとはピアノ弾き語りとまではいかないけれど、より繊細で脆いトラックに創り直した「Talking To The Moon(Acoustic Version)」が素敵。勿論原曲が素晴らしい仕上がりなんだから当然なんですが、この全てを削ぎ落としてBruno Marsの身一つで歌っている感じが切々と伝わるこのVersionがすごく好き。あとは躍動感と観客の熱がビンビン伝わる「Just the Way You Are(Live)」「Grenade(Live)」「The Other Side(Live)」の三曲が収録されているのも聴き応えアリ。

The 53th Grammy Awardsでも六部門にノミネートされ、見事に“Best Male Pop Vocal Performance”を獲得。その結果も大いに頷けるすごく良く出来た一枚に仕上がっています。これをR&Bと呼ぶかどうかは少し微妙な気もするのですが、良い意味でPopな作りで聴き易さは抜群で御座います。その人気実力共に計り知れないものを持つBruno Mars、楽曲制作も出来るしその曲への客演もする事で、露出度は今後さらに増しそう。とにかく僕は「Talking To The Moon」が好きでした、スッキリ気持ち良くなりたい方のリフレッシュにこの一枚。
スポンサーサイト

Comments

初コメです
初コメよろしくお願いしますIritamagoです。
Twitter等お世話になってますm(_ _)m

自分もこれ買いました。
でも思ってたよりサウンドが典型的であーんま聴いてないんですよね(-。-;
声はいい声だと思います(^-^)/
No title
Iritamagoさんコメント有り難う御座います。
僕もいつもTweet読んでいますよ。
そうですね、確かにオーソドックスな作りだったですね。
深いソウルとかではなくて、ほんのりソウルの香るポップな一枚。
やはり東海岸好きなIritamagoさんには、もっと深みのあるのが良いですか(笑)?

僕もBiggie、Nas、そしてJay-Zが大好きです(宣言)。

Leave a Comment