RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 1

Kelly Price「Kelly」
410np6QZIfL.jpeg

Notorious B.I.G.をはじめMariah Carey、Mary J. Blige、Faith Evansなど錚々たる面子のBackground Vocalを務めていた隠れベテラン(いや、隠れてはないが)、Kelly Priceの通算五作目となる『Kelly』を御紹介。もはやR&B/Gospel界の大御所といえる彼女、通ならば誰もがKelly Priceを愛して止みません(断言)。前作『This Is Who I Am』からおよそ五年ぶりとなる本作、自身の名前“Kelly”を冠する辺りからしても、本作に懸けるKelly Priceの意味合いと自信は並々ならぬものでしょう、きっと。また少し痩せたかな、気持ち。
それでは簡単にですが内容に触れたいと思いますね・・・・・・まずはあのShep Crawfordが制作を担当(Co制作をWarryn Campbell)した「Tired」でじっくりと幕開け、嵐の前の静けさのような感情の昂りが鳥肌モノの躍動感を静かに生んでいて、Kelly Priceの熱っぽいシャウト気味のヴォーカルでガッチリと心を掴まれてしまいます。ベース弦のザクザクしたリフと、ちょっぴりカリブっぽいカラフルで華やかなメロディがステップを踏む「And You Don't Stop」ですでにボルテージは最高潮に(上昇)。制作は盟友ともいえるWarryn Campbellが担当、この軽やかに旋回する様なダンサブルなトラックでも、少しヘヴィーそうなKelly Priceのヴォーカルは羽が生えた様に軽くてしなやか(器用)。あのMint ConditionのStokleyが客演参加しただけでも話題必至な「Not My Daddy」は、StokleyとLawrence Waddellが共同制作。柔らかくて気品溢れるしっとりとした滑らかなピアノ旋律は、小さなダイアモンドみたいなキュートな輝きを纏っていて溜息が零れる程に美しい(昇天)。ゆったりとリラックスしたKelly Priceの穏やかな歌声と、Stokleyの良い意味で甘ったるくまどろんだ歌声が、ミルクとチョコレートの様に相性抜群に溶け合います(絶品)。Jazz Nixon制作の「Himaholic」は、秒針がチクタク刻む様に鳴るパーカッションがなんだかドラマチックで、やはりバックで聴こえるオルゴールみたく繊細なピアノ鍵盤のメロディが琴線に触れますね(骨抜)。余談ですがこの曲で僕がハッとして胸躍ったのが、冒頭の歌い出しがAaliyahのあの曲のラインに似ててちょっとジーンと来たり。再びShep CrawfordがPhillip "LOGAN!!!" Scott IIIと共同制作した「I'm Sorry」は、オルガンの様な曇ったほんわか柔らかな鍵盤音が、このスロウメロディをより滑らかで触り心地の良いシルク生地にした純Gospel曲。壮大にして優しく神々しいストリングスで心を一気に奪われるGospel曲「The Rain」、制作は勿論Warryn Campbellが担当しております(流石)。このすべてをそっと抱き締め温めるストリングス&ピアノの旋律は美しく聡明で煌びやか、ゆっくりと語りかける様にひとつひとつの音符を丁寧に紡ぐKelly Priceは、もう後光が射して聖母様にしか見えません(祈捧)。Kelly Priceのこの体の奥底から溢れ湧き出るヴォーカルが身体を駆け巡り、すべての罪や後悔を綺麗に浄化してくれるのです(癒)。オルガンとギター弦と硬質ドラムスの軽妙なリズミカルメロディが颯爽と抜ける「Vexed」もWarryn Campbellが制作、オールドファッションなこのトラックは良い意味で流れを変えて本作をR&B路線に軌道修正しています(重要)。派手なホーンと一緒に楽しそうに弾けているKelly Priceの歌声が気持ち良い、思わず大きな手拍子を打ってしまいます(踊)。ここでまた打って変わって、電子的なベコンベコンと叩くビートがクールで斬新に感じてしまう「Speechless」は、やはりWarryn Campbell制作という事で彼の才能の豊かさに驚くばかり。確かに基軸は純粋なソウル曲なんですが、そこにちょっぴりエレクトロな音をキラキラと塗す事で少しクールで尖った印象を生み出しています。ちょっぴり空間に遊びのあるシンセメロディに、ツタタタタタと叩くドラムスの機械的なビートがスペイシーな感触を与えた「Feels So Good」もWarryn Campbellによる制作。この曲の持つほんのり宇宙遊泳感みたいなものはThe Neptunesっぽいタッチ、ただそこをKelly Priceの“ふぃーーるそおーぐーーーっ♪”がふんわりと艶やかに浮遊するのがすごく心地良くてドリーミーなんです(好)。「You Don't Have To Worry」はShep Crawfordによる制作曲、トロントロンと零れ落ちる様な艶っぽく官能的な吐息シンセが綺麗な曲線を描く極上のスロウ。次第に熱を帯びてゆくKelly Priceの堂々としているのに、すごく女性的なしなやかさが唸る素晴らしい一曲にウットリするばかり(夢見)。ちょっぴりAlicia Keysっぽいレトロソウルが気持ちをほんのりと落ち着かせる「Lil Sumn-Sumn」はWarryn Campbell制作、とにかく真っ直ぐと胸に届き輝きを与えてくれる木漏れ日のようなハートウォーミングなミッド。最後を締め括るのは哀愁と叙情が沁み出たフォーキーなブルース曲「Get Right Or Get Lift」、けして平坦ではない長い長い人生を思わせる奥行きたっぷりなスロウで、聴いていると思わず半生の回顧録を書きたくなる胸にじわじわと沁み込んで来る一曲に。

嗚呼.........素晴らしい、素晴らしいです(感動)。本格的な(Gospelに近い)熱唱型の女性シンガーとして、やはり最近リリースされたJennifer Hudsonと比較してしまいがちだと思います。ハッキリ言って今回は作品として、Kelly Price『Kelly』がより素晴らしい満足ゆく仕上がりだと僕は思います(個人的見解)。他者との比較というのは作品の純粋かつ本質的な評価とは離れるから、きっとしてはいけないのでしょうが(苦笑)。やはりキャリアの差なのでしょうか、Kelly Priceは自分の最も魅力ある表現を体得していて、圧巻で御座いました(拍手)。惜しむらくは国内盤が発売されていない点で(悔)、これから先にきっと出されるだろうとは思ったのですが、我慢出来ずに購入してしまいました。ちなみに僕、Kelly Priceの作品はX'mas盤『One Family』も含めて全作品を所持しております(自負)。Jennifer Hudson云々は抜きで(Jennifer Hudson『I Remember Me』も充分素敵なんですよ)、とにかくスマートで美しい極上のR&B盤となっておりますので、是非とも購入をご検討下さい(絶賛)。
スポンサーサイト

ちょっと疲れたとき、気分転換したいとき、ふとチョコレートを食べたくなることがありますよね。チョコの中に含まれる砂糖、カカオ、ミルク、香り等さまざまに組み合わさって、疲れた気持ちをいやします。

Comments

Leave a Comment